時間配分を覚えてTOEICを攻略

時間配分を覚えてTOEICを攻略 初めてTOEICテストを受ける際や取得しているスコアが比較的低い場合、どうしても問題を解いていて時間が足りないという方が多いかと思います。
TOEICテストはリスニングも含めて2時間で200問もの問題を解くため、効率的な時間配分は欠かせません。
さらに、全員共通のリスニングにかかる時間をのぞくと、リーディングに費やすことの可能な時間はかなり短いです。
スコアが伸び悩んでいる場合、この残された時間の時間配分を誤っていることが多いです。
文法問題のような一問一答形式の問題は時間をかけてはいけません。
悩んでも知識がなければ思い付かない問題がほとんどですので、思い切って諦めた方がいいこともあります。
では、節約した時間をどこに充てるのか。
答えはメールや広告文などを読むセクションです。
こちらは読み込めば答えが書いてある問題がほとんどのため、ここに時間を出来る限り費やすのがベストです。
時間配分を上手にするだけでも、TOEICテストのスコアが変わる場合もあります。

TOEIC学習のための参考書の選び方

TOEICは、英語力アピールができるため、就職活動などする際には自身にとって有利なものとなるでしょう。
企業では、昇進や海外出張などの際の基準として扱われる場合があります。
TOEICの試験勉強をするために、参考書などを買う方もいるはずです。
ですが、TOEICの参考書は大量に本屋に並んでいるためどれを買っていいのか悩む方も多いでしょう。
TOEICの試験は毎回傾向が徐々に変化しているため、古い参考書は買わないように注意しましょう。
なるべく古くても2~3年前までの参考書を選ぶほうがいいでしょう。
また、解説が丁寧にされているものを選ぶことをおすすめします。
解説が不十分なものだと、だんだんと勉強のやる気がなくなり、勉強の途中で挫折する可能性があります。
その他にも、電子書籍などでも出ています。
電子書籍の場合持ち運ぶのにはかさばらないので便利です。
また、書籍より電子書籍のほうが割安で買えるので費用が安く済みます。

Favorite

最終更新日:2017/1/26