TOEICを受けるなら何度も過去問を解こう

TOEICを受けるなら何度も過去問を解こう どのような業界、業種の仕事に就く場合でも、これからますます英語の能力というのは問われます。
自分の英語の能力を証明するのに、TOEICの点数は最も重視されています。
採用時だけでなく、昇進の判断にも使われます。
英語を話せるようになる事や、英字新聞を読めるようになる事ではなく、とにかく手っ取り早くTOEICで高得点を叩き出すためには、過去問を何度も解くのが有効です。
試験は毎月のように開催されいますが、過去の問題を見ると、頻出の単語や語法、文法というのがはっきりと傾向としてあらわれています。
また、大きく分けてPart1からPart7に分かれていますが、それぞれのPartで出題される問題のパターンはほぼ毎回同じようなものです。
例えば、Part1はリスニングの写真描写問題といって、1枚の写真について説明した4つの文が放送され、その写真を適切に表現しているものを選択します。
当然、写真や放送される文は毎回異なるのですが、どのような系統の写真がよく使われるかは決まっていますし、写真を説明する文で頻出の単語や熟語、言い回しにも傾向があります。
短時間で多くの問題を解かなければならないので、予め時間配分を体で覚えておけるメリットもあります。
TOEICの受験まで一ヶ月を切ったあたりからは、何度も過去問を解くことが高得点獲得のコツです。

TOEICによく出てくる英単語

TOEICによく出てくる英単語はビジネスに関するものが多くなっています。
ただし、専門用語や混み入った話は出てくることはありません。
主に輸出入に関する基礎的な単語や広告や求人広告等でよく見られるものを覚えておけば良いです。
最も良い対策方法はTOEICの対策本をやることです。
効果的に必要な英単語に出会えることでしょう。
他にはビジネス英会話に関する書籍などを参考にすると良いです。
また、基礎的な日常会話で使われるものも当然、必要となります。
ただし、俗語や流行語、下品な言葉などは出てきません洋画や洋楽で使われているようなものは出てこないものも多くなっています。
また、難易度としては低いが日本人の多くが知っているような意味ではない使い方をしている問題も多くなっています。
例えば、RICHは一般的にはお金持ちという意味で認識されていますが、味などが濃厚などの時にも使われるので、あまり知られていない意味も確認しておく必要があります。

pickup

請求書の電子化を頼む

2017/11/24 更新