英語資格TOEICの時間配分

英語資格TOEICの時間配分 TOEICとはTest of English for International Communicationで国際英コミュニケーション能力試験の略で、大学生や社会人には最もメジャーな英語資格として知られています。
TOEICのテストの内容はリスニングとライティングがあり、テストは二時間。
はじめにリスニングがありその後ライティングとなります。
ライティングは問題数や長文が多く、集中力を保ち時間内に解くことが必要とされます。
これがななか難しく最後まで解けずに終わってしまう人も多いのではないでしょうか? TOEICで高得点を取るためにはスピードが大切です。
解くためには単語の意味で時間をかける訳にはいかないので、単語で手間取らないように日々の勉強で単語力を鍛え、長文の要点をすぐにとらえなければなりません。
そのためにもTOEICを受ける人はまずは単語力を培うことを念頭に置き、時間配分を正確に行えるように模擬試験を何度もし試験のペース配分を考えて行うと良いでしょう。

TOEICの会場には学校が使われることが多い

TOEICの会場はいろいろな所が使われることが多いですが、その中で特に多いのは学校です。
高校や大学などのように、多くの人が一度にたくさん集まることができる場所がTOEICの会場になります。
一つの県に複数あるので、自分の家から近いところを選ぶようにするのが良い方法です。
初めてそこに行く場合は、そこに行くまでの道順をよく調べておきましょう。
通常は駐車場がある会場が多いですが、早めに家を出ないと車を駐車できないこともあるので注意が必要です。
TOEICは試験が始まると、トイレに行くことはできません。
試験が始まる前にトイレを済ませておきましょう。
会場のトイレの位置を確認しておくことが大切です。
確認しておけば、TOEICが終わった時もすぐにトイレに行くことができます。
夏の間は良いのですが、冬は寒さを感じることもあります。
冬に受験する時は、寒さ対策をした方が良いでしょう。
大学の校舎などは足元から冷えてくるので、厚めの靴下をはいて受験しましょう。

注目サイト

当たる占いのサイト

最終更新日:2018/4/26